« 大須散歩 | トップページ | 大須大道芸  »

2005年10月13日 (木)

神野すなほさんのコンサート

本日神野すなほさんのピアノリサイタルに、伏見の電気文化会館まで小学5年の娘とでかけてきました。まず驚いたのは、その満席ぶり。本当に空いてる席が見あたらないのです。最前列の一番右側の席が空いてるぐらいでしたが、ピアノの音色は聞こえても、指の動きが見えないので、立ち見を覚悟しました。演目は以下の通り。

スカラッティ:ソナタL430/L411

ベートーヴェン:ピアノソナタ 第31番 変イ長調 作品110

ジェフスキー:4つのアメリカ北部のバラードより 3ダウンバイザリヴァーサイド 4ウインズボロ製綿工場のブルース

ショパン:24の前奏曲 作品28

アンコール 2曲

演奏が始まって、なかなか力強い演奏だなあと思っていたら、ジェフスキーになって本当に驚きました。実は私、現代曲はあまり得意ではなくて、FMでも流れ出すと番組を変えてしまうことがあるほどです。理解できない不協和音の連続というのが苦手なのですが・・。いろんな要素が重なり合っていて本当に面白かったです!また演奏のスタイルもジャズの演奏を見ているようでした。時には連打、時には暴力的に鍵盤を殴り、時にはやさしくメロディーを導き出すといった風で全く飽きませんでした。ピアニストの演奏する姿を本当に楽しませてもらえる曲で選曲の見事さに脱帽です。ご本人が自分の力強い指先の特性をよくご存じだからできた選曲なのでしょうか。指が心配です(笑)。とても豊かな気持ちになれるコンサートでした。で、これがハツのリサイタルだったのでしょうか?

|

« 大須散歩 | トップページ | 大須大道芸  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141467/6385082

この記事へのトラックバック一覧です: 神野すなほさんのコンサート:

« 大須散歩 | トップページ | 大須大道芸  »