« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

教育番組2題

この年末、忙中閑ありで、2本の番組の集中再放送をみてしまいました。

「ドラゴン桜」と「女王の教室」です。

どちらも大変な話題で、特に後者は新聞の投稿欄で盛んにとりあげられていたので興味はあったのですが、なんとなく見落としていたのです。

感想としては、どちらも「いい後味」で「感動」をおぼえさせてくれました。

「ドラゴン桜」は現在も原作が連載中なのですが、阿部寛をはじめとしていい演技をみせてくれていました。しかし脚本がいい。人生の選択は本当に一つではなく、どの道を選んでも自分が知識を獲得していく努力を怠らなければ、度合いの差こそあれ合格者になれるという希望をあたえてくれました。そういう意味では非常に明るい世界でした。

「女王の教室」は本放送の時、小学生の娘がはまっており、あまりの強烈さにおもわずチャンネルをかえてしまったこともあったのですが、今回の再放送を子供と一緒にみて、それがまちがいであったことに気づきました。こちらもほんとうにみんないい演技をしてくれています。しかし脚本のメッセージはさらに強烈でした。劇中で印象的だったのは『「ナゼヒトヲコロシテハイケナイノ」この質問をうけると大人は誰も答えられなくなることを知っていた・・・』これは大人たち(親や教師の世代)がそのような教育を受けてこなかったことを鋭くえぐり出しています。周りを見渡してもどこまでも暗い現実の中でなんとか前へ向かって進んでいこうとする姿勢が強く見えるのです。

これだけ一心に子供に語りかける教師がいるのはドラマの中だけなのでしょうか。両者とも中心の教師はアウトロー的な存在であるところに、制作者のあきらめがみえているようです。「女王の教室」の中で教師が私学の先生になってはどうかとすすめられるシーンがあります。たしかに「ドラゴン桜」では私立高校が舞台でしたが、そこでもちゃんと軋轢は描かれていました。人間が集まる社会であるが故に、ねたみそしりはにげられないのかもしれません。

しかし年末にこれらの作品が再放送されているのは反響もつよかったからなのでしょうか?だとしたら、このような作品を求めている社会の声は捨てたものではありませんね。

浄土教はどんぞこの人間関係の中でじっとこころの光を見つめるおしえであります。私たちの社会はぎゅうっとしたつらさの中でも前へ向かって進んでいきます。泣きながらでも進んでいきます。今年は最低の年だったとつぶやくのではなく、来年はかならずと誓える心構えを持って新年の光を浴びたいものです。

どうぞみなさんによき幸せがありますように

どうぞみなさんの大事な人すべてによき幸せがありますように

どうぞみなさんがよき幸せをだれかにお渡しできますように

南無阿弥陀仏 よいお年を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまい地蔵(おじぞうさま)

P1000370s12月24日にお地蔵さまの今年最後のご縁日がありました。

雪が残る寒い中にもかかわらず、大勢の方が参加されました。今回は竹内照子さんが特別寄進としておもちをお供え下さいました。読経、住職のあいさつのあと、副住職が先月に中国地蔵菩薩霊場九華山に参拝した折のお話をもうしあげました。その中で昨年の落慶法要に参列された百歳宮の副住職からいただいた額編「地蔵堂」のお披露目がございました。また来年の8月26日の地蔵盆祭りのさいの六地蔵行列の地蔵衣装を竹内さんに着て頂いて初お披露目さしてP1000376sいただきました。そのさい、中国九華山の参拝記念品を授与いたしました。法要終了後、竹内さんからいただいたおもちをぜんざいにして参加者全員で福にあずかりました。来年も元気でおまいりいたしましょう!

余談1 前日まで雪がすごかったので、当初予定していた東邦ガスの展示会を安全上急遽延期中止せざるをえなかったのが残念でした。しかし朝の7P1000382s時から担当の人たちが来寺されて、参加者に直接挨拶をしていかれました。来月を期待しております。

余談2 毎月おいでになられるデイサービスセンターしょうぶ苑のみなさんが25日においでなられました。参加のみなさんにも中国九華山の参拝記念品を授与いたしました。昨年11月以降毎月おいでになられました。皆勤賞です。

みなさん!来年も元気にお参り下さいね!   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末おみがき

P1000391s12月24日に年末恒例のおみがきがありました。しまい地蔵のご供養の後、有志の方々でそのままおみがきをしたのです。15名 の参加がありましたが、例年のことで本当にテンポよく掃除が進み、3時間ほどですっかり終わってしまいました。ぴかぴかの本堂に初めてのろうそくせんこうを差し上げて皆で合掌。ご奉仕のみなさま本当にありがとうございました!

ゆっくりと みがけよみがけ わがこころ みがけばひかる こころかがやき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

ぽんと電気がとんだ

お寺でお葬式をする人は今どのぐらいいらっしゃるのでしょうか?都市を中心に葬儀会館が普及して、葬儀は葬儀会館でしなければ!と考えていらっしゃる方がほとんどでしょう。

お寺を最後のお別れの場所に選んでくださる方もいらっしゃいますが、最近の葬儀会館にはホテル並みの設備を整えているところもあるくらいで、快適性ではなかなかかないません。もしお寺でする利点は?とたずねられたら、私たちがそばにつねにおりますといつもお答えしています。近くでいつも相談に乗る宗教者の存在をどのようにうけとめてくださるでしょうか。

ありがたいことにお寺を貸してほしいのですが、とおっしゃってくださる方もすくなくありません。200人近い参列者がおいでになられる葬儀もあれば、家族数人でしめやかにおこなう葬儀もあります。しかしどちら場合もお経の内容も伽藍の配置、そしてなによりも気持ちはかわりません。親しい人を涙で送り、見送れた満足感をもって寺の門をでていかれる姿を拝見できるのは本当に喜びです。

しかし時々あります。失敗が。

あるご婦人のお通夜のこと。そのお方は非常に明るい方で、多くの方と交流がありました。私も笑顔しかみたことがありません。それだけにお別れは多くの人にショックを与えて、どことなく悲痛な雰囲気を本堂に醸し出していました。その中を住職と私でお通夜を始めようと座に着いたときです。

いきなり「ぽん」と軽い音がして、本堂の電気がぱっと消えてしまったのです。

「え?」ざわざわと声をすることもできずかたまった参列者の空気が伝わってきます。幸いお座敷も祭壇の電気もついていたので、そのまま動ずることなく読経を始めました。参列者も始まったお経にそのまま静かに合掌しています。ぱっと電気がついたのはちょうどお焼香を促すときでした。どうも何らかの原因でブレーカーがおちたらしいのですが、でもそんなに電気をつかってないのになあととても不思議な気持ちになりました。

通夜の読経の後、喪主である息子さんが会葬者にご挨拶をされました。「・・・母は大変冗談が好きだったので。電気が消えたときに、ああここでもやったなあ、とつい思ってしまいました。みなさん本日は母のためにようこそおいでくださいました」

涙がこぼれそうでした。合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年はつまいり

いよいよもういくつねるとお正月です!

年賀状も終わってほっとしています。なんかこの年賀状は苦行ですね。でもやめられないという不思議などうどうめぐりをしています。

さて新年最初のお参りのご案内です。P1010036s

「新年はつまいり」

1月4日昼2時から

恒例運試しじゃんけん大会                                      とてもかわいいそうねんじ聖歌隊による音楽法要                        檀信徒代表(年男年女など)による代表焼香                           おまもりおふだの授与(希望者には学業成就鉛筆の授与も)                  おさげした奉納餅を使ってのおぜんざい振る舞い

また境内では仏壇用品の初売りと東邦ガス有志によるガスファンヒーターの特別優待セールを実施します。 どうぞお気軽にご参加下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の日

名古屋に58年ぶりの大雪がやってきました。

お寺の周りも当然ながら20センチ以上の雪の海です。冬休P1010005sみになった子供たちも総動員して雪かきにいそしみました。名古屋はやっぱり暖かいので、ちょっと掻いておけばそこからとけだすので楽です。しかし雪を踏んでしまった部分は氷になるにでやっかいです。結局そこばかりがのこってすべったりするので危険です。大騒ぎしながらわいわいと雪かきをしました。

調子に乗ってお寺からはずれた歩道や歩道橋もどんどん雪かきしていきました。

4日くらい雪かきをしたのかなあ。子供がこんなことをいってくれました。「雪かきしてると、ありがとうっていってくれる人がいっぱいいたよ!」

まだまだすてたもんじゃありませんね。P1010015s  雪は足をぬらして寒いばかりではありませんでした。

でもできればみんな家の前だけでも雪かきしてくれえ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イラクのお医者さん

12月28日にイラクのお医者さんアッバース・アルカナン医師をお招きして講演会をいたしました。

当日は年末の忙しい時期にもかかわらず20人ほどの参加者がありました。関心の高さが伺われました。いつもはこのような催しの最初に般若心経を唱えるのですが、今回はドクターがイスラム教徒ということで、そうねんじ聖歌隊の子供たちに歌をうたってもらました。実はこの聖歌隊はこの日が初練習で初舞台でした。おそろしく泥縄です。

しかし今回のテーマはイラクの人々の生活を知ろう!ということです。

でも関心はやはりいろいろな方向にむかいました。

大きくわけると次のようになります。→以降は医師の発言を私がおおざっぱにまとめたものです。

1子供たちの病気の原因ー劣化ウラン弾か?→劣化ウラン弾は一つの原因と考える。しかし戦争後特に近年症例の増加数が顕著であることとアメリカ軍の攻撃・進撃経路周辺に発病者が多いことは注意すべき。

2自衛隊はどうですか→人々に感謝されていますP1010037sP1010043s

3子供たちの好物は→ビスケットが好物で外でももぐもぐやっています

4イスラム教ってどのような宗教ですか→平和を愛する宗教です。イスラム圏内で基本的な挨拶「サラームアレイクム」は「あなたに平安を」という意味です。またそれにたいする答えはありがとうではなく「アレイクムサラーム」「あなたにも平安を」です。また他者に対しても寛容を旨とします。そのために喜捨などの5つの徳目があります。イラクにはキリスト教徒もいるということで、先生のお子さんもキリスト教系の学校に通っているそうです。

5日本での生活は大変ですか→まったく不便はありません。食事のハラル(供養済み)ですし、アラビアの音楽もきけます。日本に来てすぐにラマダン(断食月)でしたが問題なく過ごせました。

6イラク国内のテロについてどう思いますか→許されません。精神的にP1010046普通ではないと思います。多くの人が巻き添えをくらっています。

まだまだ多くの話題がでました。逆に参加者からの質問でお聞きできなかったものも多く責任を感じています。しかし非常に有意義でした。

最後に参加者から「日本も戦後の復興から60年かかっています。おたがい同じ境遇です。是非がんばっていただきたいと思います。」「子供さんたちの未来のためにがんばってください」といった意見がよせられました。

さいごの最後に、アッバースさんは意外とお茶目でおもしろい方でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

ミュージック 世界中みんなが幸せになる

12月16日に、東京・光明院席にて録音された「世界中みんな幸せになる featuring Various Buddhist」がダウンロードできます。
9mapの太平さん、アーユスや(財)全国青少年教化協議会などのコラボレーション企画です。私もなんだかわからないうちに参加してました。

ZAKIさんがつくられた「世界中みんなが幸せになる」っていう歌に、いろんなお経が乗っかっています。練習らしい練習もないわりにはけっこう乗れました。最初はうまく感覚がつかめずじりじりしてましたが、けっこうブッディズムきらきらパレードってかんじでおもしろかったです。

大平さんからきたZAKIさんのメールによると・・・

> 音源ファイル出来上がりました!
> これ毎朝1回聴いたらなんか良いコトが起きそう。^^
> UPよろしくです!
>
是非聞いてみてください!

IMG_1295 IMG_1282
http://www.zaki8.com/work/dl/hp-kyoku/SekaijyuMinnaSiawaseniNaruSuperBuddy.mp3


大平さんのHP  http://www.kakushoji.com/
ZAKIさんのHP  http://zaki.seesaa.net/archives/200512.html

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンガーさんのイベント

知り合いのインド料理店ガンガーでイベントがあります。

インド料理と画廊の店ガンガー
塚本裕子展イベントのお知らせ
12月30日夜7時30分~9時ごろ
 
1、ヒンドゥ影絵(塚本、中村)
2、帽子ファッションショー(山崎晴子)
3、ギタージョイント(コンドルは飛んで行く、ブルースなど)
  真野賢一、大田義之、荒金賛太
4、伊藤肇ギター・ソロ演奏

なかなかよさげじゃありませんか?

(日進市梅森町上松661ー6 TEL(052)806ー5547)

http://www.mb.ccnw.ne.jp/ganga/index1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

毎日なんだか忙しいです

最近ブログも書けないほどせわしいです。どうしてこんなにせわしいのか?やはり師走だからでしょうか?

師走の由来はいつも静かな師(おぼうさん)がなんだかあわてて走っているほど忙しいとの例えだとか。

一応私もお坊さんだし(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

カブトムシはごきぶり?

今年のイベントの写真をまとめていてふとおもいだしたのがこれです。

カンボジアの首都プノンペンにバサックスラムという場所があります。そこの子供たちが万博会場に踊りに来たとき、うちのお寺でとまっていきました。結構長旅で子供たちに疲れが見えたので息抜きがてら近所のたかくら幼児園へおうかがいしたときのこと。P1010377

今日本のこどもたちに人気なのがムシキングーカブトムシなんだと、こどもたちを引率してきたスラムの組合長に話をしたら、いやあな顔をして、それはゴキブリといっしょだ、ごそごそでてくる、きたない!というではありませんか。一同びっくりして、いやあお国の違いだなあと笑ったものです。P1010405 そういえばカブトムシの養殖をしている場所の写真も気持ち悪いくらいわさわさいたなあ。

豊田の森からきたお寺のカブトムシは今三代目の幼虫が玄関のケースの中にいます。結構がんばってくれてます。子供たちは死んでも命は続いていくことを実感してくれているみたいです。でもカンボジア人同様、お母さん方にはおおむね不評です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

チャリティーコンサート

もうすぐお正月と指折り数える年末にむけてひたはしっていますね。

12月9日 菩提樹チャリティーコンサート  主催仏教文化振興協会 

場所 能楽堂(名古屋城) 会費 当日3500円 前売3000円 

内容は南山大学教授安田文吉先生の講演を始め、少年少女合唱団のきよらかな歌声、名古屋の伝統狂言など、みどころ多数です。是非ご参加ください。

                          

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月 5日 (月)

12月の朝がゆ会

12月4日に朝がゆ会が開催しました。今回の講師は豊田 宝樹院 松原秀副師P1000004。師はテニスのコーチ兼僧侶というおもしろい経歴をお持ちです。なんと師はお説教に骨格標本をもってきました。身体の健康は心の健康につながるとのお話を、身体のしくみからおもしろおかしくお話くださいました。1月中旬並の寒い朝にもかかわらず、45人をこえる人がおいでくださって、また師のおもしろいお説教で本堂は笑い声につつまれました。

今年も無事に朝がゆ会をおえることができました。これも皆様のおかげと感P1000003謝いたしております。来年はさらにパワーアップします。乞うご期待!   

次回の朝がゆ会は2月です。講P1000001師は想念寺住職渡辺観立師です。まめまきもします。是非おいでください。1月はおやすみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »