« 京浜四大本山巡り | トップページ | わっぱの会 »

2006年6月10日 (土)

6月10日時の記念日によせて

お寺でティータイムゆったりピアノコンサートを開催しました。

テーマは「時の記念日」、そして「ジャワ島中部地震」です。P1000956s

今日は平松八重子さんのおしゃべりコンサートです。さすがに集まる方も年齢が幅広い。1才の子から90才代までさまざまでした。大勢の方をお迎えして、1時45分に慰霊法要をつとめさせて頂きました。

響き渡る経文の先には「ジャワ島中部地震遭難霊位」としるされた白木の位牌があります。皆で手を合わせ、住職が回向をいたします。ジャワ島の遭難者霊位の次に、秋田県の二人のお子さんの名前も読み上げられました。

「時」という文字をみると、「日」と「寺」があります。一日を寺で心安らかに過ごす事ができることのよろこび。ひとりぼっちで孤独にこの世の不条理に苦しんでいるのではないとしることのうれしさ。P1000961s

鐘がなります。住職の胸にしみるごあいさつの後、平松八重子さんのご紹介です。

今回は「時」にちなんでの曲をあつめてのコンサートでした。

まずはNHK朝の連続ドラマ「純情きらり」のテーマ曲。「時の踊り」「楽興のとき」「時の流れに身をまかせ」「時の過ぎP1000964sゆくままに」「イエスタデイ」「イエスタデイワンスモア」そして「時代」・・・。メロディーにおもわず口ずさむ方も多くいらっしゃいました。曲の合間の軽妙なトークとともに出てくるのは、牛乳瓶やフランスパンでした?

あっというまに第1部が終わって、休憩タイムです 。今回のおやつは「わっP1000973sぱん」さんのパンです。特別に時計の形に作っていただきました。いろんな形の時計があってこどもたちは大喜びでした。

第2部は、がらっと雰囲気が変わって、トークにゲーム、ひらめさんの真骨頂です。興奮して手を挙げるこどもたちに会場のみなさんから笑い声があがります。その中で変わった曲の演奏がありました。ジョン・ケージの「4分33秒」です。こどもさんが多いので「2分30秒」のひらめバージョンで演奏されましたP1000968s。私は演奏されているのを「目撃」したのは初めてでした。コンサート会場なら、くすくすわらいがおこるのでしょうが、今回はお子さん一杯のお寺でティータイム、がやがやわーわー、にぎやかな「2分30秒」となりました。しかしこの人間の生きている声を感じる事がこの曲の目的なのかなあとも思いまし た。

楽しいときは瞬く間にすぎました。最後はみんなで「現在・過去・未来P1000971s」の3回の鐘の音色を胸の中に迎えて解散となりました。この楽しい響きと笑い声を、お招きした霊位は楽しんでくれたでしょうか。そのためにも私たちがしっかりと生きていかなければ成りません。

ひらめさんごくろうさまでした。

このコンサートで寄せられました多くのご浄財は中日新聞社会事業団に委託致します。

今日の笑顔を彼らの笑顔に 合掌    

|

« 京浜四大本山巡り | トップページ | わっぱの会 »

コメント

かんえさん
すごいじゃないですか~
みんなが喜ぶこと…すばらしいなぁ

投稿: 荒井重行 | 2006年6月13日 (火) 21:41

この後、帰らないこどもたちが10人くらい地蔵堂で夜の7時まで遊んでました。もちろんその母親たちも一緒でしたが(^o^)

投稿: かんえ | 2006年6月13日 (火) 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141467/10470278

この記事へのトラックバック一覧です: 6月10日時の記念日によせて:

« 京浜四大本山巡り | トップページ | わっぱの会 »