« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月15日 (金)

HIV

昨日、ある人とお話ししたときに、HIV感染者になるのと、c型肝炎になるのとどっちが深刻だろうか、とでてきました。即刻、肝炎もHIVも大変な病気だけど、感染の仕方によっては、すべてを失う、と答えました。

以前、HIV感染で多臓器不全で亡くなられた方をお寺でお迎えしたことがあります。付き添いの方は、特殊自動車と担当の葬儀社の方以外誰もいませんでした。

 ー 身内は?

 ー いらっしゃいますけど、お骨の受け取りも拒否していらっしゃいます。

近くに住んでいらっしゃることがわかりましたが、それ以上私もなにもいいませんでした。

荷物はボストンバック1個。中には少ない衣料品と、岩波新書が3冊。

棺の中に納めてあげました。

彼も苦しかったと思いますが、家族も苦しいのです。誰が悪いのでしょう。

ひとときの快楽と引き替えにするにはあまりにも悲しい結末です。

今、日本中で何人の方がこのような結末をむかえていらっしゃるのでしょうか。

オレの人生だから、私の人生だから・・・といいますが、その尻ぬぐいをするのは自分自身です。そして人間はそんなに強くないです。すがれる相手を失うとき、それが絶望です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名古屋芸術大学教員によるコンサート

「名古屋芸術大学教員によるコンサート」にいってきました。http://www.music.nua.ac.jp/news/pdf/event20061213.pdf

なにやら今回で3回目だそうで、それも今年はじまったんだとか!びっくり。

このコンサートにお寺でお世話になっている井原義則先生が出演されていらっしゃるので、寒い中出かけて参りました。会場はなんとお寺から徒歩10分ほどの熱田文化小劇場です。本当はお寺のみんなで出かけたかったのですが、体調を崩す人が続出。で、私一人だけになりました。

会場に到着すると、知っている人だらけ。びっくりしました。

井原先生の声がすてきでした。

休憩時間になってふとまわりをみると、地蔵盆で毎年お世話になっている川口先生がいらっしゃるではありませんか!

奥様が芸大の先生なんですね。井原先生と二重唱をしていらっしゃった方でした。

びっくり連続で、会場を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

12月3日朝がゆ会

寒い朝の中、本年最後の朝がゆ会がひらかれました。

この冬の朝がゆ会には、浄土宗西山禅林寺派の愛知県布教師会の若手にお話し頂いています。今年で3年目になります。今回は豊田の宝樹院、松原秀副さんです。

今回から、説教のスタイルが変わりました。

いままでは講演台をもうけていたのですが、本堂正面に説教の高座をもうけました。といっても、導師座を180度いれかえただけですが・・・。

念仏の唱和のなかを引接師にひっぱられて、案内されます。布教のスタイルです。

いつもとはちがう緊張感がありました。

おはなしも、松原師の経験から、身体とこころにまつわるお話でした。

「癒者法然上人」

なっとくですねえ。

来年1月の朝がゆ会はおやすみです。新年は2月からはじまります。講師は桜誓願寺 近藤玄隆師です。乞うご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NGOイベント常夏ハロハロ祭

最近急に冷え込んでしまいましたね。もうじっとしていることが幸せなんて考えてしまいます。で、これではいかんと、イベントのお知らせです!

=======転送歓迎================

ICAN新春企画 常夏ハロハロ祭
  ~フリマ・もちつき・菓子・おやじ~

日時  2007年1月21日(日)12:00~16:30

場所  想念寺 
     名古屋市熱田区旗屋町509
     (地下鉄名城線『神宮西』駅より徒歩3分)

参加費 無料

内容  フリーマーケット、餅つき大会、劇 
     ぽこ・あ・ぽこ音楽隊(お寺合唱団による合唱)
       
その他にも様々な企画を検討しています。

今回のイベントでは、中古のCDや古本等も集めています。
ご家庭に眠っている物がございましたら、ぜひ、日本事務局
までお送りください。

ケアセンターについて
http://www.ican.or.jp/clinic.html

このイベントでの収益はフィリピン・パヤタスにあるコミュニティ・
ケアセンターの改築・運営のために役立てられます。


【集めているもの】
・中古のCD・DVD・ゲームソフト
 キズの強いもの、サビ、コピーもの、サンプル、箱なし、歌詞カードなし、
 説明書なし、汚れ・しみ・破れ等がないもの

・古本
 表紙なし、汚れ、破れ、書き込み、日焼けが強くないもの
  参考書、教科書、百科事典等は送らないでください。

・衣類
 洗濯がしてあり汚れていないもの

・生活用品
 未使用の物か箱が付いているもの

*何かご不明な点がございましたら、日本事務局までお問い合わせください。 


【募集期間】
2006年12月6日(水)~2007年1月21日(日)
*21日はイベント会場までお持ち込みください。

【送付先】
〒450-0003
名古屋市中村区名駅南1-20-11 NPOプラザなごや2F
(特活)アジア日本相互交流センター 
「ハロハロ祭」係

*送付にかかる費用は各自ご負担ください。
*直接、事務所に持ってきていただきても結構です。
 (その場合は事前にご連絡ください。)

【お問い合わせ】
TEL&FAX :052-582-2244
e-mail  : info@ican.or.jp (代表)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »