« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月23日 (水)

5/24のおじぞうさまは

ずばり、マジック教室です。

なんで?4月のはなまつりでマジックを披露してくださった熱田マジック同好会のみなさまによるレクチャーです。

おじぞうさまも目をまん丸くしておどろかれることでしょう。

24日朝9時からおまいり。9時半からはマジック教室です!是非どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/18うたの会 で6/15

実はこのうたの会にはでれなかったのです。おまいりの方がPage001wつづけざまにおいでになられたので、地蔵堂から流れてくる歌声を聞きながら、いろいろとおはなしをしておりました。

歌う課題曲は「千の風にのって」いいうたですねえ。

で、6/15 お寺で練習している方々の初舞台があります!井原先生のあじさいコンサートに出演させて頂くのです!合唱隊の名前も決まりました。カンタービレ合唱団です。どっかできいたような?えらくかんたんにカンタービレ!ときまりました。

当日はお待ちいたしております!是非是非お出で下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

5/20むすび座さんきたる!

むすび座さんが7月にある「西遊記」公演の情宣をかねておいで下さいました。今回がファイナル公演ということです。むすび座さんは40年になる人形劇劇団の老舗です。

人形が出てくる出てくる。西遊記にでてくる悟空を始め、仙女やら意外と大きいので驚きました。使い方を、参加者に教えてくれP1020932wましたが、やはり難しい!

おどろいたのは、人形を手で動かすのかと思っていたら、全身で動かしていたこと。

人形がきれいに踊るためには、演者もおどらなければならず、人形が立ち回りをするには、演者が殺陣ができなければならず・・・。奥が深い!

こどもたちは人形が重いことにも驚いていました。P1020926w

でもそれが演じてくれた辰巳さんたちのてにかかると、あれ不思議、ひょいひょいと生きているようになります。今回出てくれた人形の中には面白いからくりもありました、がナイショ。舞台で確認してください。またやってきてくれた悟空も15年選手ということで、参加してくれているこどもたちより年上でみんなびっくりです。

大歓声の中、あっという間の一時間でした。

公演を見たくなりました。皆さんも是非。→http://www.mc.ccnw.ne.jp/musubiza/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/6朝がゆ会

5/6雨が降っていました。それでも大勢の方がおいでくださいました。P1020901r

今日の講題は「善導大師」です。講師は住職。

善導大師ってどなた?

このお方は中国浄土教の偉人です。

このお方の思想があればこそ、日本の浄土教の流れは確立したのです。

しかし学僧というのはとどまらず当時でもたいへんな活動をされていた方でした。

そのお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

はきけがします

最近はすこしいろんな意味で下降線でした。

本当にブログも久しぶりです。

しかし、吐き気がする事件ばかりで、たまりません。

職業柄、いろんな状態の方々を見てきました。物言わぬ方々はでもお香の薫りをかいで少しはおちついてくれるようなきがしていましたが・・・。

記事になる行動に吐き気がします。もう新聞もニュースも見たくないです。

でもきばって明るい話題をつくりだしていかねばなりませんね。

なんのためにうまれてきたのか。

それにすんなり答えられるように生きてみたいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

4/24 おじぞうさま

今月のおじぞうさまは、法然上人の御忌法要がご本山永観堂A070321070501_013禅林寺であり、住職もお弟子さんも出仕していたので、私1人でてんてこまいでした。

でもお話はゲストがいらっしゃったA070321070501_012のでうれしいかぎりでした。

劇団はぐるま座さんです。A070321070501_016

こんど6月に熱田文化小劇場で公演があるということで、情宣をかねて、お寺で紙芝居を見せてくれたのです。まずは歌。これが素晴らしい声量で驚きました。当日の演目は「天狗の火あぶり」という民話がもとということで、この日の紙芝居もそれにちなんだものでした。中々いいお話で、芝居も楽しみです。

ありがとうございました。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/16うたの会 そして6/15・・・

4/16うたの会が開催されました。今回は2部に別れてのS070321070501_003練習。結構もりあがりました。でもみなさんうまいですね。始めたばかりとはとうてい思えません。あっというまの2時間です。

次回は5月18日昼2:00からです。是非おいでください。

で・・・、特報です!

いつもうたの会でお世話になっている井原義則先生のコンサートを以下の様に開催いたします。是非みなさんおいでください。先生の声は本当にいやされますよ!

タイトル あじさいコンサート 井原義則「こころの歌」

日時 6月15日(金)昼1:30~3:00

内容 おまいり・第1部にほんのうた・第2部イタリアのうた

会費 2000円  障害手帳をお持ちの方、中学生以下無料 乳幼児歓迎です。

お寺のうたの会のみなさんも出演します。何の曲かはお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

九華山消防隊

niftyのニュース見てたら次の記事がありました。
僧侶による消防隊が誕生―安徽省九華山(Record China)
写真
2007年4月24日、安徽(あんき)省の九華山で「僧侶消防隊」による消防訓練が行われた。九華山は中国仏教四大聖山の一つで、大小90もの寺院がある。山奥にある寺院には消防車が入りにくいため、万一の火災に備えて僧侶消防隊が結成されることとなった。(Record China)[拡大]
2007年4月24日、安徽(あんき)省の九華山で「僧侶消防隊」による消防訓練が行われた。

九華山は中国仏教四大聖山の一つで、大小90もの寺院があり、その大部分が国や省の重要文化財に指定されている。木造の古い寺院が多く、山の奥深くに消防車が入るのは難しいため、火災発生時の被害は計り知れない。

そこで、九華山の公安部・消防隊・宗教協会が話し合った結果、万一の火災発生に備えて九華山僧侶消防隊を結成することとなった。各寺院から選ばれた僧侶40名が3日間に渡り消防訓練を受け、消化理論の学習や消火活動の実地演習などを行った。

僧侶たちを指導した消防隊員は「僧侶の消防隊を作るのは大変なことだが、この3日間の訓練で大分良くなった。万が一火災が起きても対応できるだろう」と話した。僧侶消防隊は今後も演習を重ね、各寺院の消防安全任務を担うこととなる。(翻訳/編集・藤野)

うーん消防団ですか。
この九華山にはいろんなご縁があるので、住職も私も何回も出かけているのですが、とにかく回りきれないので大変です。今はロープウェイやケーブルカー、ゴンドラ、リフトがあちらこちらにできたのでいいのですが、それ以前はとにかく大変でした。一日参拝させてもらった後のお風呂が極楽です。
だから、消防隊というのはすごいですね。あの階段をかけのぼっていくのかな?でも水もないぞ?結局は防火管理者ということなんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »