« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年2月26日 (火)

2/24おじぞうさま

おじぞうさまが開催されました。Image086

ひさびさの日曜日なので、参拝の方が多く、イスが足りなくなるうれしい悲鳴におそわれました。

本日のスペシャルゲストは、前進座の俳優 益城宏 さんです。

おじぞうさまにゆかりの物語「さんせふ太夫」を節談説教で聞かせてくださいました。

ろうろうとひびく声に皆しばられたようになりました。Image088

昔は衣をきて正面に登った役者が、口上を述べて、衣をはらりと脱ぎ落とすと、役者の衣装を着ていた形式もあったというお話など、興味深い話もたくさんいただきました。

今度の「法然と親鸞」では親鸞聖人と絡む大事な役どころを演じられるそうです。

ありがとうございました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

あしたのおじぞうさまは

「あんじゅ恋しやホーラホイ ずしおう恋しやホーラホイ」

本当にいきなりですが、前進座の俳優さんが「安寿と厨子王」の一説を奏でにやってきて下さいます。あまり知られていないことですが、この物語は説教節「山椒大夫」としてかたられるもので、地蔵菩薩信仰をうたったものです。

うーむ。すごい。

是非ご参加下さい。

2月24日(日)午前9時から 会費500円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

2/19前進座講演会

前進座のみなさんがお寺にやってきました。

今度公演する「法然と親鸞」の宣伝を兼ねての講演会です。デイサービスセンターの方々もお招きしてのボランティアでもあります。

しかしすごい人出になりました。やはり前進座さんは人気がある。

おいでになられたのは山崎辰三郎さん、中嶋宏幸さん、そして松永啓さんです。司会は伊藤信道さん(浄土宗西山禅林寺派愛知県布教師会)です。Photo_2 「CIMG0197.MOV」をダウンロード Photo_3

Photo 楽しいお芝居の裏話の他、立ち回りとか口上とか本当に盛りだくさんの内容で、あっという間に時間が過ぎ去ってしまいました。

みなさん満足してかえっていかれました。

ほんとうにありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

熱田神宮にて

朝7時についた熱田神宮は冷え込んでいました。駐車場に入っている車にはうっすら雪がのっています。うーん寒い。

今日は月一回のモラロジーの子供会のお話です。

昨日からやってきたフィンランドの留学生も一緒です。彼女はこの寒さ平気だろうと思っていたら、やはり寒いことは寒いとのこと。ちょっとほっとしました。

おにぎりをいただいてお話です。

今日はせっかくだから留学生におはなしをしてもらいました。

フィンランドでのあいさつは、こんにちは はモイ。さようなら は モイモイ。ではありがとうは?モイモイモイ?はずれですキートスといいます。爆笑です。

時間が来て、さようなら。

熱田神宮は初めてなのだとか。じゃおみくじでも引きにいこうということで、歩いていたらなんと結婚式の行列がしずしずと境内をあるいてくるではありませんか!

おお!留学生は写真を撮ります。いやあ、めでたい。おもわずみんなで拍手をしていたら、「あれ?かんえさん?」

びっくりしてみたら新婦の父親は知り合いでした。

二度ビックリ!

いやあ、本当におめでとうございます。

気持ちのいい朝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

初タカラヅカ

Image080 連休中でもお寺は忙しいです。

というか、連休中だから忙しいのです。

お寺の子どもの宿命は世間がお休みでもどこにもいけないことです。

朝の早くからお手伝いで怒られながらも一生懸命やってくれています。生まれたときからそうですから、あきらめもありません。

そういえば私もそうでした。こないだの休みは一日中寝間着で過ごした、という話を聞いても理解できなかったものです。

でもよくやってくれているのにちょっとかわいそうだな。

と、家内と相談して中日劇場で公演しているタカラヅカに連れて行くことにしました。ちょうど昼の2時半にはお参りが一段落することになったのです。

チケットあるかな?

劇場に電話すると、あと30枚あるだけです、との返事。おお、おそるべしタカラヅカ!

家内が法事の間を縫ってチケットを買いに行きました。その間、こどもたちはお参りや接客に走り回っています。

よし!タカラヅカに連れて行ってあげる!

子どももホーゼンとしています。でも開演まであと30分!いそげ!

開幕まであと数分というところで劇場に到着。するとすごい行列ではありませんか。観劇のお客さんの列です。ちょっとほっとしたのは男性の姿も多かったことです。

劇場はすごい人出でした。

歓声と共に幕が開けます。あっというまの3時間でした。いやあびっくりすることもありましたが、素晴らしいひとときでした。

子どもが同じ建物の中にあるタカラヅカのお店に行きたいというのでついていくと、興奮冷めやらぬといったお客さんがたくさんいらっしゃいました。

ぼっとすわっていると、店員さんが声をかけてきてくれました。

初めてのタカラヅカだったんですか?どうでした?

面白かったことをいうと、

皆さんそうおっしゃって下さるのでうれしいです。見ず嫌いのタカラヅカともいわれますので、くやしいのです。

ああ、私もそういえばそうでした。こんな内容ならもっと早く見ていたのに。そういえば知人の方々もみんなでタカラヅカ見に行ってたのしかったっといっていたっけ。

1階におりると、すごい数のひとがいました。それも整然と並んでいました。

なにこれ?あ!でまちだ!

子どもがいたいというので、そのまま、みていると、

スターの桜乃彩音さんが静かにおりてこられました。どれだけ歓声が上がるかとおもってみていたら、とても静か。驚きです。美術館の中をあるいているように静かに桜乃さんが進んでいくのが印象的でした。そして真飛聖さんが登場です。これもとてもファンの方々は静か。ヅカファンというのはこれほどまで礼儀正しいとは知りませんでした。真飛さんはファンサービスが小気味よかったです。子どもは写真がとれんかった!と騒いでいましたが。真飛さんが去っていった後もファンの方々は動かなかったです。そろそろいこうかと子どもをひきづって外に出ると、とっくに去っていたはずの桜乃さんが一組のカップルとお話をしていました。カップルの女の子がありがとうございました、これからも頑張って下さい!と感激した面持ちで手を握っていました。カップルと別れた桜乃さんは、本当に格好良く去っていきました。娘は声をかけたいけどかけれない・・・と後ろ姿を見送っていました。

なんかいろんなものを見せてもらいました。

でも面白かったです。またいってみたいですね。でも男の子があんなに興奮するとは思いませんでした。おそるべしタカラヅカ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

お芝居の苦労話を聞こう!

中日劇場で3月から公演される前進座の「法然と親鸞」が楽しみですね。

平成23年にお迎えする法然上人800回御遠忌と親鸞聖人750回御遠忌への素晴らしいイベントのひとつとなりそうです。

京都公演のときには、リピーターがホント多かったそうです。http://www.zenshinza.com/stage_guide/hounen/2008hounen_index.html

こんどそのお芝居に出演される俳優の方をお迎えして、お芝居のご苦労や裏話などをお聞きする会を開催致します。

是非熱い思いをお聞き下さい。

日時 平成20年2月19日 昼2時~3時頃

場所 想念寺 名古屋市熱田区旗屋町509 電話052-671-8639

会費 500円

主催 浄土宗西山禅林寺派愛知県布教師会編集委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

2/3朝がゆ会

Cimg0080mini_2  寒い朝でした!

しかし本Cimg0077mini年最初の朝がゆ会です。門を開けて電気をつけて暖房入れて・・・

おはようございまーす

集まってくる方々。ようこそようこそ

ローソクつけて線香くゆらして、さておまいりです。いつものように全員で「月影」を合唱して、「般若心経」を唱和します。

今日のテーマはありません。強いて言えば「芸事」か?

本日の特別ゲストは愛知教育大学男声合唱団のみなさんと劇団前進座の俳優中嶋さんです。

愛知教育大学の皆さんは毎年定期演奏会の情報宣伝にこられますが、今年は人数が多くてびっくりです。それもしっかり5曲も披露してくれました。おいおい演奏会で演奏する曲がなくなっちゃうんじゃないの?とおもうくらいです。はりきった、しかし重厚なメロディーに参拝の皆さんも聴き惚れていました。定期演奏会は3月8日です。中川文化小劇場での開催です。どうぞおでかけください。Cimg0083miniCimg0088miniMini

そして、次なるゲストは劇団前進座の俳優中嶋さんです。前進座さんの来訪は2年ぶりでしょうか。今度名古屋で3月から中日劇場で公演される「法然と親鸞」の宣伝のためにおいでになられたのです。しかし中嶋さんも劇中大事な役回りをおもちで、念仏を広められた人を演ずる上でのおはなしをして下さいました。とりわけ何が真で何が心をゆさぶるのかというおはなしにはみな聞きいっていました。舞台は役者だけが作っているものではないんです。脚本の先生、大道具小道具のみなさん、宣伝のみなさん、劇場の方々、そして観客のみなさんが一体になってすばらしい舞台ができあがるのです!中嶋さんの力強い言葉にみなうなずいてしまいます。これは見たくなりました。チケットはお早めに!

最後に、中嶋さんに節分の豆を参加者の皆さんに振る舞っていただいて、参会となりました。みなさんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

慌ただしい最近

ブログをかけない日が続いています。

パソコンを開いても、ブログを書くまでの気力がわいてこないのです。なんか妙に忙しいのです。あんまりたいしたことをしていないのになんででしょうか?体が一つしかないことが大きな原因ですね(^_^)

でもまあ何とか動いています。

これから先月24日以降のことをぽちぽち書いていきたいですね。

そうそう、先月は中学生のグループがやってきました。二つの中学がそれぞれべつべつにお寺を訪ねてきたのです。

Cimg0012mini Cimg0027mini  Cimg0031mini Cimg0033mini 24日にやってきた港区の港明中学の元気な2年生グループは、お寺の仕事体験。朝9時から3時までお寺ですごしていきました。インフルエンザでひとり参加できなくなったのは残念でしたが、足を骨折しても松葉杖できた子がいたのには本当にビックリしました。でもみんなでなかよくかばい合いながら、やってきたのです。来たときにちょうどおじぞうさまでしたので、大勢の参加者を前にひとりひとり自己紹介。照れながらもしっかりしゃべるのは現代っ子ですね。安心しました。そのあとは般若心経を徹底的にあげてもらいました。しかし意外とうまいのです。リズム感があるんCimg0030miniだなあ。座敷で床の間の拝見とか和室の歩き方など経験してもらいましたが、それまでのやんちゃぶりとはうってかわって、真剣な表情。またこれもきっちりできました。感心しました。

31日にやってきた千種区の若水中学の1年生グループは、校外学習の一環で、「貧困」について、そしてお寺とNGOの関係を聞きに来ました。緊張した面持ちでお座敷にちょこんと座っている姿はかわいいですね。NGOってしってる?首をふります。お寺ってはいったことある?首をふります。でも1時間半しゃべったあとは、みんなげらげらわらって、明るい顔つきになりました。お弁当を食べて次の訪問先に出発していきました。

中学生とこんな風に話をしたのは、私にとってもはじめてではないでしょうか?でもどちらも本当に明るくて、こちらの方が緊張していたことを教えられました。中学生をみていてなんか気持ちよくなりました。まだまだ日本の未来は捨てたもんじゃないなあ。

あらためてお礼状がとどきました。生徒が書いたものでしょうか?うれしかったです。メールボックスに、中学、高校時代の先輩からメールが届いていました。お世話になった先輩です。なんだろうとひらいたら、驚いてしまいました。なんとやってきた若水中学グループのひとりがその先輩のお子さんだったとか!お寺に研修に行ったと聞いただけでもおどろくのに、それが知っているお寺だなんてと先輩も驚いていましたが、こんなに世間は狭いのですかねえ。

わるいことはできません。みなさん、また気軽に遊びに来て下さいね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »