« 泣きながら 握る手のなか あたたかし | トップページ | 寄稿:長野の一日 »

2008年5月27日 (火)

5/16児童労働

ACEさんの講演会が5月16日に開催されました。

当日は金曜の夕方にもかかわらず20名ほどの方が集まってくださいました。

いつものようにおまいりをします。

その日は、ミャンマー(ビルマ)と中国四川省の犠牲者の方々のための供養となりました。

静かになる鐘の音色。

094

ACEさんの白木さんが静かに、でもたんたんと厳しい現実を語り出されました。

NHKで流されたインドの採石現場で働く少女の映像をみせていただきました。

騒いでいた小学生もしーんとしてみています。

A092どうだった、ときくと、

うーん、よくわかんなかったけど、なんかいや。

大人には結構ショックな話が続きます。

どうすればいいのか?

じゃそんな労働で作られた製品をどうすれば買わなくてすむのです099_3か?

答えは、現在の日本ではかなりむずかしい、というものでした。

しかし一部の企業やスーパー、そしてコンビニエンスストアでは、明確に児童労働によってつくられていない製品を販売する動きが起こっているそうです。それでもまだ実験的で名古屋ではまだなかなかないそうですが。098

ちょっと足下を考えるきっかけになりました。

ありがとうございました。   

|

« 泣きながら 握る手のなか あたたかし | トップページ | 寄稿:長野の一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141467/41343661

この記事へのトラックバック一覧です: 5/16児童労働:

« 泣きながら 握る手のなか あたたかし | トップページ | 寄稿:長野の一日 »