« あなたのチョコレートはどんな味 | トップページ | 5/16児童労働 »

2008年5月15日 (木)

泣きながら 握る手のなか あたたかし

未曾有の災害がアジア南方を襲っています。

5月2日から3日にかけて、ミャンマー(ビルマ)中南部を大型サイクロン直撃し、10万人以上の人々の命が失われ、数十万人の人が甚大なる被害を受けました。被災者は猛暑の中にあって、飲料水、生活用水、食糧が不足し、加えて感染症の蔓延も予想され
る危機に直面しています。

5月12日には、中華人民共和国 (中国) の南西部にある四川省アバ・チベット族チャン族自治州&ブンセン県付近を震源として、マグニチュード7.8の大地震が発生しました。四川省だけで九州、四国、山口県の合計面積とほぼ同じ約6万5000平方キロに及び、5月15日現在で、1万5000人以上の人命が失われ、行方不明者は数万人、被災者は1000万人を超えることが、新華社の報道で明らかになりました。

テレビや新聞などでご存じの通り、現地では既に救援活動をが行われておりますが、今
後も更に犠牲者が増えることが予想され、また多くの被災者への物心両面での救援が火
急に必要とされる状況下にあります。

みなさまの心温まる思いを彼の地に届けようではありませんか。道は一つではありません。しかし大勢で歩けば、太く繋がる心の道があらわれます。あなたも共に歩きましょ
う。
                                                合掌
アーユス仏教国際協力ネットワーク
理事長 茂田真澄 (東京 浄土宗 勝楽寺 住職)


■全日本仏教会 http://www.jbf.ne.jp/d00/ 電話03ー3437-9275
全日本仏教会では国内外における災害救援や人道的支援等に対し、緊急且つ迅速な対応をすべく「救援基金」を常時開設しております。今回の大災害に対しても、人道的見地
より急ぎ支援金を拠出し、緊急支援として、

ミャンマー(ビルマ)には
1.UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)  100万円 5月12日
2.WFB(世界仏教徒連盟 タイ・バンコク)  100万円 5月12日
  ※WFBはタイ・ミャンマー赤十字と連係の下、支援活動を展開
3.BNN(仏教NGOネットワーク)       100万円 5月14日

中華人民共和国には
5月12日、中国大使館に深澤信善事務総長が赴き、に救援金200万円を手渡しまし
た。
 今後も現地の救援状況により更なる支援を行う予定です。
 今回の大災害に対し、宗派・宗教を超えて、みなさまの温かい浄財をお寄せ頂ければ
幸いです。

尚、救援金は下記口座までお寄せ頂きますようお願い申しあげます。
※指定寄付の場合はその旨、振替票にご記入ください。
郵便振替口座
口座番号:00110―9―704834
口座名義:全日本仏教会救援基金

■アーユス仏教国際協力ネットワークhttp://www.jbf.ne.jp/d00/ 電話03-3820-5831
アーユス仏教国際協力ネットワークでは、ビルマサイクロン募金を立ち上げました。
アーユスが浄財をとりまとめ、現地が軍事政権ということもあり、一般の方々に確実に
わたるように、次の2団体を通じて、支援させていただきます。
 1日本ビルマ救援センター・仏教救援協会 http://www.burmainfo.org/brcj/index.
htm
長年に亘りビルマの僧院を支援してきた同会は、寺院を通じて支援を送るネットワーク
を設立しています。届けられた支援は、全て確実に現地の寺院に送り、そこに避難して
いる人たちに使われます。
 2Sathirakoses-Nagapradeepa Foundation 
今回は第1次フェーズとして医薬品・食料などの物資の配布、第2次フェーズとして被
災地域の復興支援を視野に入れて救援活動を行っています。
中国四川大地震に関しましては、現在、BNN(仏教NGOネットワーク)とともに、
草の根の中長期にわたる支援方法を検討中です。詳しくはお問い合わせ下さい。

郵便振替口座
口座番号:00120―3―711893
口座名義:アーユス 通信欄に「災害基金」「ビルマサイクロン」「中国地震」のいず
れかをご明記下さい
銀行振込
三菱東京UFJ銀行深川支店(普通)0689965
アーユスブッキョウコクサイキョウリョクネットワーク


■名古屋NGOセンター http://www.nangoc.org/
名古屋NGOセンターでは、東海地方のNGO・国際協力情報を発信しております。
ミャンマーサイクロン支援として5月15日現在、各NGOが活動を開始しております
。お気軽にご連絡いただきたいと存じます。中国地震支援は改めてお知らせ致します。

◆ホープインターナショナル開発機構 HP:http://www.hope.or.jp/ja/newsdisplay
.php?i
是非、ミャンマーで生活の基盤を失った人達をご支援ください!
地元パートナーが総勢50人の医療チーム(医師、看護師、検査技師、X線技師、援助
要員、査定スタッフ)と共に、6台の車両で、最も被害を受けた地区の三つの郡区へと
7日間の予定で派遣され緊急医療を実施しています。
支援者よりあずかった義援金で必要な薬品、塩素水処理、衣料品、食料を購入し、活用
・配布します。

【支援金 お振込先】
三菱東京UFJ銀行 尾張旭(おわりあさひ)支店 普通口座1557384
郵便口座00880-3-18474 口座名義:ホープ・インターナショナル開発機構

【問い合わせ】 電話: 052-204-0530 FAX: 052-204-0531 Eメール: info@hope.or
.jp
※営業時間:午前10時~午後4時※※土曜日、日曜日、祝日はお休みで

◆財団法人オイスカ  HP:http://oisca.21.dtiblog.com/blog-entry-38.html
ミャンマーの首都、ヤンゴン事務所を拠点に緊急支援を行うことを決定しました。オイ
スカではミャンマー農林業研修センターが地域住民と協力して食糧を確保し、被災地へ
配布するための調整を始めました。5月14日より、ミャンマー・サイクロン災害に対す
る緊急支援として、ヤンゴン管区ダゴン・タウンシップ内で、支援物資の配布を開始し
ます。

【緊急募金口座】
郵便振替:00160-6-23641   口座名義:財団法人オイスカ
※当法人への募金は特定公益増進法人に対する寄附金控除の対象となります。
※通信欄に必ず「ミャンマーサイクロン」と明記してください。
【問い合わせ】  TEL:03-3322-5161 FAX:03-3324-7111  E-mail:oisca@oisca.org
 
◆日本国際飢餓対策機構  HP:http://www.jifh.org/
ミャンマーで水、食糧配布などの緊急支援緊急支援募金の受付を開始
緊急支援は、当機構のパートナー団体を通じて行います。
計画では、水、食糧、医薬品などの緊急援助キットの配布、及びトタン屋根の簡易住居
を提供する予定です。

【募金送付先】
郵便振替:00170-9-68590 口座名義:日本国際飢餓対策機構
※通信欄に必ず、「ミャンマーサイクロン」と明記ください

【問い合わせ先】 愛知事務所 052-731-8111

|

« あなたのチョコレートはどんな味 | トップページ | 5/16児童労働 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141467/41218588

この記事へのトラックバック一覧です: 泣きながら 握る手のなか あたたかし:

« あなたのチョコレートはどんな味 | トップページ | 5/16児童労働 »