« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月23日 (火)

金沢日帰り旅行

してしまいました

日帰り旅行です。

といってもうわついたものではなく、叔父のお通夜に参列するためです。

朝、おまいりに何軒かお伺いしたあと、留守番の方にバトンタッチ、出発したのが10時半頃。

でも家族で遠出をするのはひさしぶりだったので、なんかテンションがあがりますね。

車内では前日に借りてきたビデオを子供たちがみて、ときどきどっとわらうのが気になってたまりません。しまった、運転するんじゃなかった、と反省しきり。

見ていたのは「歌魂」。合唱の話で、合唱部に入っている娘は感情は入りまくりでした。でも歌の力がよく出ていた作品ですね。

この映画が終わる頃、福井県突入。

次なるビデオは「時効警察」。あのゆるーいドラマです。

まともにみるのは今回がみんな初めてらしく、次女がはまってしまいました。

これが終わる頃、ようやく石川県です。サービスエリアで休憩します。なつかしい言葉の響き。なんかうれしくなってしまいます。

このサービスエリアには浜辺におりられるようになっていて、おもわず「いってみようか」

砂がこまかーーいImage0261

海草がながれている

足つけてみていい?

結構楽しめました。

意外なことに子供たちにとっては物心ついて初めての日本海だったらしく(一人を除く)、いつも見ている海とちがうのによろこんでました。

金沢市内に入ります。

お通夜まで少し時間があったので、金箔工芸館にいきました。みなさんしってましたか?金箔の90パーセントはなんと金沢でつくっているんですよ。箔を手に載せると溶けてしまうんですよ。びっくりしたことしきり。

おみやげかわなきゃ、と、すぐ近くの金沢駅へ。

これもまたすさまじいばかりの変化。私の記憶している油のにおいがする金沢駅とは3回くらい脱皮してしまったようです。

でも土産物は、最近はどこもあんまりかわらんねえ。スーパーの方がおもしろかったです。

着替えて、斎場に。

ところが、案内の看板がない!

名古屋とは違うんですねえ。てっきり近くに行ったら看板があるんだと油断してました。うろうろしてようやくつきました。あせりました。

こちらは友引でもお葬式をするようで、またお経の前に焼香をすます習慣があるんだとか・・・って、いつそんな習慣になったんじゃ。親戚一同びびりまくりでした。

でも叔父さんの人柄がでたお通夜でした。大勢の人がお経が終わる最期まで帰らないで参列されていました。

久々にあう親戚ですが、子供たちは断片的にあっている親族が一遍にあうので、とまどうやら、うれしいやら。

おとうさん、みんなやさしいよね、なんか一遍になかよくなっちゃって。私たちののりと一緒なんでびっくりした。そうか金沢ののりだったのか・・・。

なんか妙に納得したようです。

後ろ髪を引かれましたが、ご挨拶をして、会場をあとにしました。この段階で9時すぎ。

このままねてもいいようにお風呂に入ろうと、銭湯に行きましたが、これが恐ろしく立派!子供たちは狂喜乱舞。

ここでとまっていきたい!

ひきづって、車に乗ってみると、10時50分。

さあ、かえろまい。

・・・・睡魔との戦いでした。途中仮眠をとって、名古屋着 午前3時20分。

ごくろうさまでした。

実は住んでいた家の近くを何度も通っていたのです。いってみたいのはやまやまでしたが、いけませんでした。今は別の方がすんでますし、8年くらい前に訪ねたときには、一部分が荒れ果てていて大変ショックを受けたものです。そのときのことを覚えていた家内が、いっちゃ行けない場所があるんだって、いってくれました。そうですね。今はここにすむ場所はないのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

7月4日はアンサンブルプルーナ

さて 恒例 アンサンブルプルーナのみなさんのコンサートです

次回のテーマは 「音楽で語る 白雪姫」

日時は 7/4 土曜日 昼2時から3時

会費は 大人1000円 子供500円

「1.doc」をダウンロード チラシはこちら

今回もゲストで こども合唱隊ぽこ♪あ♪ぽこ が出演します

どうぞお越し下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海豪雨再び 2

檀家さんと話をしていたら、

雨は花火でも降り出すんですよ

といわれて へええ? となりました

この檀家さんの家の近くには矢田川という川が流れておりまして、そこでは毎年花火大会があるんですね いったことないですがすごいらしいです

花火大会がばばばばっとフィナーレを迎えてしばらくたつと どおおと豪雨が始まるんです

空気が振動で揺れ落ちるんで  このへんが雨の通り道なんですかね

でも驚きですよ みるみるうちに水が流れ込んでくるんです 床下ぐらいですが

浸水にはなれっこになっているそうなんですが・・・

浸水したら役所が消毒液持ってきてくれます まくのも自分たちです なれっこになってますけどね 笑

奥深いお話でしたImage023

最後に前回の縄文土器の写真ですImage022

雨が通り抜けたあとの風景です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

集中豪雨再び?

ひどい雨でした

雷雨になるから気をつけてよ

と聞いてはいたのですが、これほどとは

子供から電話で、ものすごい雨ででるのが怖いから、しばらくまってるね

と連絡があって、空を見上げたら、雨が一滴もなし

ふーん、きっと友達と遊びたいんだろうなあ、と思って、学校周辺に近づいていったら、

どじゃぶり

ええ、どしゃぶりじゃなくて 

どじゃぶり

びびりました 雨の通り道ってあるんですねえ

ちょうど学校では恒例行事の土器の素焼きをやっていた最中らしく、校長先生がずぶぬれになりながら、土器を回収してらっしゃいました

あと30分雨が降るのがあとだったら・・・

炭でチンチカチンに熱せられていたところにどしゃぶりなんで、たえきれず割れてしまった土器も多かったようです。

でもいい味の黒さで

雨の恐ろしさはそのあとが本番でした

帰り道南山大学の横を通ったんですが、グラウンドの砂がすごい勢いで流れ出していて、道に白い龍が這っているような、不気味な光景でした

東海豪雨の時は、屋根の中で水がたまって、一斉に落ちて来るという、水芸を建物が見せてくれたので、どきどきしながらお寺に戻りました

排水口が詰まったみたいで、玄関前が池になりかかっていました。こりゃいかん、早く鯉をはなさなければ、じゃなくて、配水管のつまりをとらなきゃ、みずびだしになりながら、うろうろしてました

つーっと水が抜けていったら、雨がやむんですなこれが

知り合いが、尾頭橋で車が水没してる!

とメールしてきました

ああ、東海豪雨の再来か?!

と思いきや、この程度で終わって何よりでした。

皆さんの地域はどうでしたか

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »