« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月24日 (土)

10月24日おじぞうさま

10月24日おじぞうさま
10月24日おじぞうさま
今日は少し肌寒いですね。そのなかを参拝の方々が集まってくれました。

今日は今月行われた中国九華山の報告といただいた仏像のご紹介でした。

地蔵さまがいったいと旗を持つ童子童女が十体届いたのです。

その優しいお顔にほれぼれとします。

お顔をのぞきにきてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

インフルエンザ発症 パート2

またもおそいくるインフルエンザ

こんどは長男がなりました

やはりのどが痛いといいだして・・・

熱は37.1度。

経は早く寝たら?というまえに7時には寝ておりました。

10時くらいにのぞきに行くと、あせびっしょり!

あわてて着替えさせて、水を飲ませて。

でも熱は37.4度。

単なる風邪かもねえ。

翌日の午前中に念のために家内が病院に連れて行きました。

熱はそれでも37.8度。

まあ、念のために・・・とお医者さんがおっしゃって、簡易検査をしたら

ばっちり インフルエンザ

リレンザをもらってぐっと寝た後は、むくむくおきだしてガンプラを作っておりました。

元気なのにびっくり。体力あるんだなあ。

そんなに体力あるんだったら宿題でもしようか!

あああああ、頭が痛いの、寝るね。

ぶちっ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

10月30日 幸也さんのコンサート 再び

また幸也さんがベルギーからやってきます。

すばらしい音色のひとときを是非堪能してください。「20090727054359008.pdf」をダウンロード

出演:幸也(さちや)
ベルギー在住の作曲家・三十六簧活斗鍵打笙奏者。
美術鑑賞を趣味とする父と クラシック音楽鑑賞を趣味とする母の間に 東京で生まれる。
幼少より音楽教育を受け 西洋クラシック音楽を学ぶ。
千葉県習志野市立第一中学校管弦楽部に在籍し 器楽コンクール二年連続全国優勝に参加。
東京芸術大学音楽学部付属音楽高等学校 及び 東京芸術大学でコントラバスを専攻。
21歳で新星日本交響楽団に入団 日本の西洋音楽史上最年少の首席コントラバス奏者と成る。
ドイツ留学後 十年間 ベルギー王立フランダースフィルハーモニー管弦楽団で
首席コントラバス奏者を務める。同団在団中に 独奏者として共演/CD録音。
その後 同団を退団しコントラバス奏者としてのキャリアを終え
作曲と三十六簧活斗鍵打笙の演奏に転向。インドに即興演奏を学びに行く。
1999年に作曲家 向 智志氏と共にグループ「Onde」(仏語:オンド=波動)を結成。
宇宙の「愛」と「調和」を音として伝えるべく 宇宙の本質であり
人間としての本質的な生き方である「分かち合い」「生かし合い」などをテーマとして
作曲/演奏/講演を続けている。
曲目・演目:幸也 自作自演 「浜の情景」「生命の力」「藍の響き」
秋山秀樹(幸也編曲)「もしも河が綺麗なら」「小さな灯」「あなたの面影」他
グスタフ・マーラー(幸也編曲)「二つの青い目」「私はかぐわしい香りをかぐ」他

(全て 三十六簧活斗鍵打笙とシンセサイザーによる演奏)

シンセサイザーを使ったシンフォニックなオーケストラ風の響きの伴奏に 中国の三十六簧活斗鍵打笙が滑らかな流れるメロディーを奏でるのが 基本的なスタイル。
後期ロマン派やアール・ヌーボー様式に近いスタイル。
シンセサイザーの響きとしては いかにも「電子音」というものではなく しかし生の楽器音らしく響かせているというわけでもなく その中間の 余り生々しさを感じさせない音を主体として「清純」さや「透明感」を表現しています。空間性を感じさせる あるいは宇宙的な存在感を感じさせるものではありますが 余りに「それらしい」宇宙的な響きではなく ある程度の存在感がありながらも宇宙性を感じさせる響きを作っています。これは 非物質の世界(あの世)の中の 物質の世界(この世)に私たちが存在し 生きていることを表現し 実感して頂くためです。あるいは 私たちの本来の居場所である天国を感じさせながらも この世で私たちがどう生きていくのかを表現するためでもあります。なぜならば 芸術の本来の目的とは 芸術家個人の個性の表現にあるのでは無く 私たちが存在している「宇宙」そのものの本来のあり方と その中に存在する「人間」の本質的な生き方とを表現することであり それによって 私たちがどうすればより幸せに生きられるのかの導きとなることです。 ですので 「天国的」とはどういうことなのか 「幸せに生きる」とはどういうことなのかを音楽で表現するのが 音楽家の役割だという認識で創作/演奏をしており その理念を体感して頂ける場が このコンサートです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

インフルエンザ発症

長女がなってしまいました。

彼女のいっている中学の文化祭の二日後から、高熱がぼんとでて、倒れてしまいました。

前日からなんかどろんとして反応が鈍かったので、おかしいなあと思っていたのです。

関節が痛い、のどが痛い!

いえているうちが花でしたね。昨日今日は、薬のおかげもあるんでしょうが、ぐっと寝ています。

学校の方からは、メールで、「何年何組は何日から何日まで学級閉鎖とします」という連絡がじゃんじゃんはいって、ついには学年閉鎖になりました。

やっぱり文化祭が引き金でしょうね。でもやれてよかったです。あれだけ熱中してクラスで盛り上がっていましたからね。私の時もあんなふうでしたかね?体育祭はインフルエンザで中止になっていましたから。

まあ、とばっちりをくらったのは、他の子たちで、妹は出席停止3日、幼稚園に通っている子は家族全員が発病しなければきて下さい、ということで、ほぼ1週間自宅待機になってしまいました。

で、につまるにつまる。

発病している娘は隔離して、他の子たちは暇をもてあまして。

で、しょうがないので、ビデオをごっちゃりかりてきて見ていましたよ。

その中のタイトル・・・・「感染列島」

何でこんなものを借りてくる!   でもおもしろかった。

娘がいいます。

「お姉ちゃんもこんな風になるの?きゃあああ」

当のお姉ちゃんはだいぶ回復してきたか、

「あああああああ、ひまひまひまひま!」

叫んでおります。

皆さん、早く学校に行って下さい。お願いします。仕事が全然出来ません!

檀家さんには、循環器系に疾患をお持ちの方も多いので、電話をしているのです。

「明日お参りなんですが、実は娘が・・・」

だいたい皆さんではお休みに・・・・となります。

まあ、台風の後かたづけもあるのでちょうどいいといえばいいのですが・・・・

私の感染がわかるまであと一日です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台風

台風18号!

すごい音で驚いていたのですが、5時過ぎには目が覚めてしまいました。6時過ぎに、風が少し弱くなってきたので、そとにでると、傘が壊れました。

本堂や座敷をチェック。

前から弱くなっているところから少し雨がしみ出していました。

また直さないかんなあ・・・

地蔵堂の前もすごいことになっているし・・・

皆さんの地域はどうでしたか?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »