2010年9月15日 (水)

7月24日おじぞうさま

7月24日のおじぞうさまは ベトナムの留学生 グエン・バン・チンさんにお話をしていただきました。

テーマは ベトナム

衣食住について、パワーポイントでたのしくおはなしをしていただきました。

知ってそうで知らないベトナムの姿はとても魅力的でした。S1 S2

次回のおじぞうさまは9月24日 名工大の伊藤嘉浩先生にインターネットと人権についておはなしいただきます。

どうぞおこしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

8月22日第5回じぞう盆おどり

ことしもやりました ぼんおどり!

昨年のようなスコールが降ってくるんじゃないかとひやひやでしたが、今年はばっちりでした

ステージになるトラックでは、なにやら昼ごろからリハと称して演奏がはじまっています

そこに別の団体が合流、セッションが始まっちゃいました

まだ開会まで4時間もあるのに・・・(^_^;)

で、定刻

地蔵堂前では太鼓の奉納演奏が始まります

いっぺんにヒートアップです

愛知県警のあゆみ隊の交通安全教室からはじまりはじまり!

今年はクイズ大会でした

子どもたちは記念品がもらえるともう熱狂します

つづきましては米丸史郎さんのイタリア歌曲

やはりプロ!熱田の杜に響き渡っておりました いいなあやっぱり

そのつぎは米丸先生の指導される合唱 カンタービレ合唱団

おそろいのピンクのTシャツ映えますね

子どもたちの合唱団 ぽこあぽこ 今年は浴衣です

その次は劇団前進座 益城さんの名演技です

これもプロ!

地蔵堂前では お仏壇のはせがわによるしあわせ子どもコンテストがはじまります

なにやらきゃーきゃー聞こえてきます

今年のグランプリは「熱っ鼓の会」に参加しているお子さんでした

で、六地蔵の行列

ステージ前で挨拶して、しゅくしゅくと行列は進みます スロープをあがり、散華Sannge

拾うと一年健康でいられます

地蔵堂でお参りです

元気で過ごせますように・・・

ステージではハモンドオルガンの演奏が始まりました

小澤幸男さんです しかしなにやらまたセッションが始まったようですPoko

地蔵堂前は盆おどりの開始

通りかかったアベックが一緒に踊っていきましたKinenn

みなさんご苦労様でした

来年もまた楽しみましょう!Zennsinnza   Monnzenn Konntesuto  Keisatsu Kanntabire Jizoudou Itariakakyoku Bonnodori2 Aisatu

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

2月24日 おじぞうさま +アルファ

今日はおじぞうさまでした

きょうの講師は むすび座の辰巳さんでしたImage162

3月7日に開催されるお芝居の宣伝にやってきてくれたのです

人形にみなさん興味津々

持ってみたい方いますか?

すっとてがあがりましたImage163

え!結構重い

うまくうごかないものですね

閉会の後、人形を引き連れて各地に情宣にまわりました

幼稚園が4  Image164  つ 小学校がひとつ 中学校がひとつ お寺がひとつ

どこも歓迎してくださいました ありがとうございましたImage165

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

愛知県警あゆみ しまいじぞう 2008年12月24日

2008年のことで本当にすみません

12月24日にしまいじぞうがありました

今年最後の講師は愛知県警のあゆみの皆さんでした

交通安全教室ときいていたのでどんな話かと思っていたのですが、講師の女性警察官の語り口がなかなかおもしろくて笑いながらも本当にためになりました

Keisatsu通安全のまみむめも!

なにかは、みなさんも県警にきいてみましょう

それはそうと県警の取材にメーテレの皆さんがきていました

熱心に取材していかれましたがこちらはなにやらばたばたしてお話もよくしないままおかえりになりました

そのときの模様は25日に夕方のニュースのなかで「交通安全」についてという内容で放送されましたが、檀家さんがお二人もインタビューを受けていたということがわかり、寺中びっくりでした。

テレビにでれるなんてそんなにある経験じゃないからねえ

こんどあったら感想を聞いてみます 楽しみですね

Ojizousama

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

あしたのおじぞうさまは

「あんじゅ恋しやホーラホイ ずしおう恋しやホーラホイ」

本当にいきなりですが、前進座の俳優さんが「安寿と厨子王」の一説を奏でにやってきて下さいます。あまり知られていないことですが、この物語は説教節「山椒大夫」としてかたられるもので、地蔵菩薩信仰をうたったものです。

うーむ。すごい。

是非ご参加下さい。

2月24日(日)午前9時から 会費500円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

2 千年のおじぞうさま 2

千年の地蔵堂の南に位置する佑誓寺さんのご住職にお話をきくことができました。

そのおはなしによりますと・・・

1 もともとは2カ所に分かれていたおじぞうさまを、戦後佑誓寺さんの一角を分けて、そこにすえたのが現在の姿だということです。地元の人々の願いに応じて、当時のご住職がいいよといわれたことがきっかけです。すごいですね。

2 地蔵堂の中にある3体のおじぞうさまは、大瀬古の渡し船の発着場に安置されていたもの。かつては大瀬古と千年などをむすぶ渡し船があったのですね。現在の七里の渡し公園より少し北のあたりだそうです。そこに安置されていたときからすでに現在のお堂はあったということです。河岸改修に伴ってお堂ごと移築したのです。

3 地蔵堂の傍らにある6体のおじぞうさまは、佑誓寺さんから154号線にそって南へ800メートルほどさがったところから移されたものです。現在は住友軽金属の名古屋製造所がたっているあたりです。かつてはそこに「千年の焼き場(火葬場)」があって、そこにまつられていたのがこのおじぞうさまだったということです。焼き場に向かう道の傍らにたっていた六地蔵だったのです。工場建設にあたり、残されていたおじぞうさまはこの千年にうつられたのだそうです。

4 現在の維持者は佑誓寺さんもよくわからないとおっしゃっていらっしゃいました。しかし毎年8月24日の地蔵盆の縁日には、隣の日蓮宗の光耀寺さんと交代でおまいり申し上げるそうです。朝からだそうですので、おでかけいただいてはどうでしょう。

追記 この佑誓寺さんから154号線にそって200メートルほど北には愛知時計機械株式会社の工場があります。空襲で大変な犠牲者が出られた場所ですが、この工場の北側にはやはりおじぞうさまが祀られていらっしゃいます。このご供養は毎年6月9日に佑誓寺さんが導師をつとめられてご供養されます。(また別記します)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

2 千年のおじぞうさま

P1010561 P1010564 【位 置】熱田高校南 祐誓寺(眞宗大谷派)北  場所 熱田区千年

【建立年】不明

【建立者】不明

大変立派なお堂がたっています。お堂の中には3体のきれいなお地蔵さまがよだれかけをつけていただいてたっていらっしゃいます。お堂の左側にはP1010562 、60センチくらいの高さのお地蔵さまが6体まとめられています。そのうしろにはお墓(顕彰碑?)が3体立っていますが、表面の摩耗がはげしくよくよみとれませんでした。

しかし地域のお地蔵さまとして信仰をあつめています。お堂のまえにたっていた少しのあいだにも、自転車で通りかかったおばさんやバス停でおりたおばさんが立ち寄ってはお賽銭を上げてしばし合掌をされていました。「いつもこうやっておまいりしていらっしゃるんですか?」「ええそうですよ」「お掃除もですか?」「いいえ。誰か分かりませんが毎朝お掃除していらっしゃいますよ。学区のおじそうさまですからね」

みるとだれがが作られた手すりもあります。愛され生きているお地蔵さまの姿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

1雲心寺のおじぞうさま

【位 置】雲心寺(浄土宗)  場所 熱田区 地下鉄西高蔵駅下車徒歩2分P1010555

【建立年】天保十一年秋九月(1840)

【建立者】近藤一族

参道脇にりっぱな地蔵堂がたっています。P1010557

中をのぞくと1メート ルあまりの  石造りのおじぞうさまが鉄製の錫杖をもってほほえんでいらっしゃいます。台座には恵心僧都の由来書や建立年などの文章が彫り込まれていますが、仏師名は見あたりません。だれが飾ったのかよだれかけと、お口の紅が鮮やかです。背中を拝見しますと、かつて光背がついていたあとがあります。今は2×4センチくらいの木片でうめられていますが、かなり大きなものがついていたのではないでしょうか。

寺内の幼児園の子達が、登園の途中おじぞうさまに石をお供えしています。P1010558誰がはじめたわけではなく、子供の遊びとしてお供えしているようです。またこのおじぞうさまの傍らに石の蛙がすわっています。結構愛嬌があるので、子供達はこの蛙目当てに地蔵堂をのぞき込む感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

お地蔵さま巡礼

おじぞうさまってどんな仏さまでしょうか。まちのあちらこちらに柔和な笑顔でたたずんでいらっしゃいます。いつごろからそこにあるのでしょうか。どなたがそこに安置されたのでしょうか。また今は誰のこころを支えていらっしゃるのでしょうか。

これから日本でも有数の寺院数を誇る名古屋市、その中心部である熱田区内で出会ったおじぞうさまの記録を残していきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)